普通のフードとの違い

普通のキャットフードのパッケージの裏側を見たことがありますか。原材料には、さまざまな名前が記載されているはずです。その中には、BHTやBHAなど聞きなれない名前も記載されているのではないでしょうか。

BHTやBHAは発がん性が指摘されている添加物です。油脂の酸化を防止して保存性を高めるために配合されています。使用量が極わずかでも、キャットフードは毎日口にするものです。日々の積み重ねでどのような影響が出るか分かりません。キャットフードを選ぶ際には必ず原材料等を確認して、危険な添加物の入っていないものを選ぶようにしましょう。特にプレミアムキャットフードにはこういった添加物が配合されていない場合が多いので選ぶときの参考にしましょう。

猫はタンパク質を多く必要としているので、キャットフードには肉が使用されています。しかし、この肉は人間が口にできないようなものを使用しているケースがあります。普通のキャットフードの場合、鶏冠や羽など、人間が口にできないものが混入していることがあるのです。プレミアムキャットフードの場合は、人間が口にできる原料を使用しています。チキン、サーモンといったようなものです。こだわりがあるプレミアムキャットフードの場合は、平飼い鶏を使用しているケースがあります。安全に配慮した原料が使われているのです。